バイト先で出会った美熟女にオナニーが見つかったついでにフェラしてもらったw

バイト先の熟女に抜いてもらった話

昔アルバイトしていた時の話。美人素人熟女のフェラチオ初体験談です。このおばさんとの出会いは、ホテルで客室清掃のバイトをした時、最初の契約では昼間だけのバイトだったが、忙しく人手も足りなかったのか、一週間経って仕事に慣れ始めた時に夜も通しで働かないかと持ち掛けられた。金が無くて探したバイトだったので、即決でOKして働いたのだが朝9時から夜23時まで休日。働くと疲れと面倒臭さから帰りたくなくなり、一週間でホテル従業員用の仮眠室に潜り込んで寝泊りするようになっていた。流石に溜まって朝立ちしても仮眠室やトイレでは抜けないので我慢していたが、客室でベッドが血で汚れていたりパンティが放置されているのを見て我慢できず、そのシミ付きパンティをオカズにして客室の風呂場でオナニーをしてしまった。溜まっているのですぐに出ると思ったが場所が場所だけに緊張してなかなか出ず。すると、いっしょのフロアを担当しているお掃除おばさんが部屋に入って来てしまった。入口すぐにあるガラス張りの浴室だったので、すぐに見つかった。「あんた、何やってんの、遅いから心配して見にきたのに」おばさんは五十路前後。小柄で丸いが歳の割に美人。片手にパンティを握っていたので、ズボンの中にチンコをしまえずに立っていると「アタシが手伝うから、さっさと抜いちゃいな」と寄ってきて手コキを始めた。思わぬ展開でチンコはすぐに勃起して、自分でこいていた時より硬くなったのだが、当時まだ童貞で風俗すらいっていなかった俺には女性の手コキは強烈すぎて出ない。「まだいかないの?はやすぎも嫌われるけど、遅すぎもダメだよw」と言い、片手でタマを揉みながら痴女なお掃除おばさんが亀頭の部分をクリクリと虐めるようにこいてくる。「す、すいません。女性にやらえるの、初めてなもんで、緊張しちゃって」と言い訳。「じゃあ、病気の心配もないね。特別サービスしてあげる」と逝きの遅い俺のチンコをパクッと咥えてフェラチオを始めてくれた。柔らかくて温かい口に吸い込まれ、舌を敏感な亀頭に絡まされると、すぐに暴発。口中射精されたオバさんは俺の精液をAVの痴女女優みたくごっくんしてくれた「濃くて臭いー、あんたのw」「ありがとうございました」と御礼を言うと「5千円でいいよ」と手を出された。仕事中のオナニーと客のシミ付きパンティをおかずにしていた弱みもあったのですぐに払うと、「今度溜まった時は、5千円で抜いてあげるからw」その次の日に気まずくなって仕事をやめてしまいましたけど。

カテゴリ